ヨルダノ(ヨーダノ)ベンチュラ投手25歳で若すぎる交通事故死。原因は?

アメリカのベースボールメジャーリーグの「カンザスシティ・ロイヤルズ」のヨルダノ・ベンチュラ(ヨーダノ・ベンチュラ)投手が母国のドミニカ共和国で事故に遭い、25歳という若さで亡くなられました。若くて残念な結果になってしまったヨルダノ選手はどんな投手、人物だったのか調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

 

ヨルダノ・ベンチュラ(ヨーダノ・ベンチュラ)投手プロフィール

 

  • ヨーダノ(ヨルダノ)・ベンチュラ・ヘルナンデス(Yordano Ventura Hernandez)
  •  1991年6月3日生まれ。25歳没
  • ドミニカ共和国サマナ州サマナ出身
  • カンザスシティ・ロイヤルズ所属。
  • 背番号「30」
  • 右投右打。
  • 身長:183cm
  • 2013年:0勝1敗
  • 2014年:14勝10敗
  • 2015年:13勝8敗
  • 2016年:11勝12敗
  • 年棒:2015年より5年総額2300万ドル(日本円で約26億円)で契約中でした。

 

 

ということで、ここ3年連続で2桁勝利も挙げており今年も期待されていました。

球速も最高速度が164km出ており、本格派右腕でありました。

ただ、気性の荒い一面もあるようで相手チームの選手と口論になったり乱闘になったこともありました。

しかしユニフォームを着ている写真はりりしく見えますが、私服の写真は今どきの若者の恰好ですね。

きっと野球の時は戦闘モードでプライベートの時は一青年という穏やかでいたのではないでしょうか?

こちらの動画で彼のヨーダノ選手の紹介と交通事故となった彼の車の画像を取り上げています。

 

 

動画の事故に遭われた車の損傷度を見ると、かなりの大事故であったことが分かります。

 

おわりに

今回、母国ドミニカで起こってしまった悲劇。

事故の原因は今のところはっきりしていません。

また、ヨーダノ選手のファンが彼のインスタグラムに悲痛なコメントを残しています。

「いつも応援していた、あなたのファンだった、悲しい・・・」悲しいなどたくさんのファンがいたんですね。

そして多くの方が彼に”R.I.P”(Rest In Peace) という「安らかにお眠りください。ご冥福をお祈りします」というメッセージを残されました。

今後間違いなくロイヤルズのエースになっていったかと思うと残念でなりません。

昨年もイチロー選手の所属チーム、マイアミ・マーリンズの若手投手もボート事故で亡くなっており悲報があったばかりでした。

今後このようなことが起きないように願うばかりです。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


error: Content is protected !!