盗用疑惑トランプ夫人とオバマ夫人の演説を動画で比較。

7月18日にアメリカの共和党大会でトランプ大統領候補夫人のメラニアさん(46)がこの大会で演説をしました。聴衆は演説の素晴らしさに絶賛しました。

しかし後ほど、その演説の一部がオバマ大統領夫人ミッシェルさんが行った2008年の民主党大会での演説と酷似しており、盗用ではないかと指摘されました。その内容とはどんなものなんでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

 

問題となったスピーチの比較

演説を比較した動画がありますので問題となった言葉を、翻訳とともに明記しておきます。

ミッシェルさん=オバマ夫人、メラニアさん=トランプ夫人と表記しました。

時間表示は、それぞれの夫人が話し出した時間です。

 

 

①0:08~(オバマ夫人) Barack and I were raised with so many of the same values 

②0:12~(トランプ夫人)My parents impressed on me, the values

①バラク(オバマ大統領)と私(オバマ夫人)は壮大な同じ価値観を持って成長した。

②私(トランプ夫人)の両親は私にたくさんの価値観を植え付けてくれた。


③0:16~(オバマ夫人)   like,you work hard for what you want in life

④0:20~(トランプ夫人)that you work hard for what you want in life

(③④とも)もし満たされた人生を送りたいのなら何事も一生懸命することである。


⑤0:23~(オバマ夫人)   that your word is your bond, that  you do what you say you’re gonna do

⑥0:27~(トランプ夫人)that your word is your bond and you do what  you say, keep your promise

(⑤⑥とも)言ったことには責任を持たなくてはいけません。(有言実行)


0:33~(オバマ夫人)   that you treat people with dignity and respect

0:39~(トランプ夫人)that you treat people with respect

(⑦⑧とも)誰に対してでも尊敬の念を持つことが大事 dignity and respect=尊厳


⑨0:42~(オバマ夫人)   because we want our children and all children in this nation to know that the only limit to the height of your achievements is the reach of your dreams and your willingness to work hard for them

⑩0:54~(トランプ夫人)because we want our children in this nation  to know that the only limit to your achievements is the strength of your dreams and willingness to work for them

(⑨⑩とも)なぜなら、このアメリカの子供たちに夢や頑張りたいこと、それが大きければ大きいほど手に届くこと、即ちヤル気があれば夢が叶うことを知ってほしい。


上記から分かるように各夫人の演説の箇所で同じ部分を太字で表示してみました。

各夫人の演説を比較するとほぼ同じ言葉を使ってスピーチしていますね。

多少言葉を変えていますが、演説している話しの内容は一緒です。

 

スポンサーリンク

 

トランプ夫人の演説をする前の経緯

トランプ夫人はアメリカの有名ジャーナリスト、マット・ラウアー(Matt・Lauer)氏に演説前のインタビューにこう答えています。

(マット氏)Q. 「演説の練習は飛行機の中でしたのですか?」

(共和党大会に参加するため、トランプ夫人は飛行機で移動していた)

(トランプ夫人) A. 「 いいえ、練習していません。一度読み直しただけです。

なぜならば、自分で演説の原稿を考えて書いたから頭の中に入ってます。」

 

・・・ということは確信犯なのでしょうか? いえ、おそらく彼女は悪気はなかったと思われます。

オバマ大統領の就任時の演説もそうでしたが、政治家には演説する時に文の構成、内容をサポートするライターが存在します。

トランプ夫人にとっては、オバマ夫人の演説を知らず、真似をしたという意識は全く無かったと思われます。

どうして、ライターは今回のトランプ夫人の演説を考えた時に、オバマ夫人の言葉を引用してしまったのでしょうか?

知ってて、わざとやったのでしょうか?

もし、盗用の疑惑が浮上しなければトランプ夫人の演説は素晴らしく、聴衆から絶賛されており、この日一番のエクセレントなニュースだったはずなのです。

 

まとめ 

そもそも、トランプ夫人は共和党でありながら、反対の民主党であるオバマ夫人のスピーチを真似てしまっていることが最大の失敗であったのです。

ただ、国民はトランプ夫人に関しては同情的な見方をしており、夫のトランプ氏を批判しているようです。

しかしここにきて、トランプ夫人の学歴詐称及び5か国語が堪能なのは嘘では?という疑惑が取り沙汰されています。

今後のトランプ氏とヒラリー氏のアメリカ大統領選にどんな影響を及ぼすのでしょうか?

トランプ氏及びトランプ夫人の行動に注目です。

 

スポンサーリンク

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


error: Content is protected !!