リカンベント型自転車はどんなものか調べてみた(画像あり)

ネットニュースでリカンベント型自転車の話題が取り上げられました。「リカンベント」とはあまり聞き慣れない言葉で、どんな自転車なのか興味を持ち、調べてみることにしました。

 

スポンサーリンク

 

リカンベント型自転車とは

 

特徴

上記の画像からもわかるように、普通の自転車と大きく違うのは自転車の形がオートバイのハーレーダビッドソンのようないわゆるチョッパーのような形をしています。そしてハンドルの前方及び、前輪の上方にペダルがあり自転車のフレームの上に寝そべる(もたれる)ような格好でペダルを足で漕いで進んでいくスタイルです。

そのもたれかかって(recumbent=リカンベント)運転することからこの名前がついたということです。

 

 

リカンベント型自転車は普通の自転車に比べ空気抵抗が少なく横の動きになるので全体的に脚力のエネルギーロスが少なくいようです。

よって、体力が温存できるので長時間走行しても体力の消耗負担が少ないため、坂道などのアップダウンがない平坦な道(道路)をサイクリングすることに適しているようです。

しかしながら立ちこぎができない構造上、スピードが出にくく、スロー走行では重心(バランス)を取るのが難しいので坂道は適さないということです。

このリカンベント型自転車の運転するにはある程度の練習、経験がいるようです。

 他にも異なる構造のタイプのものもあるようです。
上記(2枚目)の画像を見ますと、自然が広がる平野にサイクリング旅行をしているようですね。
 
荷物も後部に載せれるようで、日本ではあまり見かけませんが、海外では愛用者も多いようです。
 
 

まとめ

車社会の日本においては自転車専用道路が少なく、まだまだインフラ整備が必要だと思われます。

安心してこのリカンベント型自転車が運転できるような場所がたくさんできるといいですね。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


error: Content is protected !!