ぱるる島崎遥香2017年1月AKB48卒業前の最後の出演ドラマはこれ!

人気アイドルグループでAKB48の「塩対応」で有名な、ぱるること島崎遥香(22)さんが来年2017年1月をもってAKB48グループを卒業することが明らかになりました。正式には10月初め頃までに卒業発表し、2017年1月のリクエストアワーに卒業セレモニーを行う予定のようです。

卒業後は女優として活動するということですが、卒業前にテレビドラマの刑事役に挑戦することになりました。アクション!それともプロファイリング?塩対応で定評のある、ぱるるが演じる刑事はどんな人物像なのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

ぱるるが演じるドラマプロフィール

ドラマタイトル

「警視庁 ナシゴレン課(けいしちょう なしごれんか)」

ナシゴレン課?意味がよくわかりませんが、

ナシゴレンとは、インドネシアおよびマレーシアの焼き飯料理のことです。

 

%e3%83%8a%e3%82%b7%e3%82%b4%e3%83%ac%e3%83%b3

 

見た目は日本で見るチャーハンとあまり変わらないこともあるが、主な特徴は、サンバル、ケチャップマニス、トラシもしくはブラチャンなど現地特有の調味料を使うこと、ニンニクや唐辛子(サンバルに入っているものも含む)を使うことなどが挙げられる。出典:Wikipedia

・・・このナシゴレンというのは日本で言えばチャーハンのようなということで、「ありきたりの」、「スタンダードな」、「平凡な」刑事課という意味合いなんでしょうかね。

 

ぱるるの役どころ

主人公・風早恭子(ぱるる)

島崎が演じる主人公、風早恭子はナシゴレンという、一風変わった部署の課長。捜査はすべて部屋でできると考えており、足で稼ぐというような“昭和”な考えを全否定しています。

自ら部屋を出て捜査にあたることはほぼないに等しいのに、その卓越した洞察力、推理力により数々の難事件を解決していくという設定です。

プロファイリング&コメディーといったところでしょうか・・・

%e3%81%b1%e3%82%8b%e3%82%8b

出典:テレビ朝日

主な共演者

古田新太さん(50)・・・新人中年刑事、石鍋幹太役として登場し、昔ながらの足で稼ぐ、聞き込みをしらみつぶしにするなどという昔の刑事の泥臭いやり方を、情報やプロファイリングを駆使する上司である課長の風早恭子(ぱるる)に全否定されその葛藤を演じます。

勝村政信さん・・・以前の課長職を風早恭子に地位を奪われ、無能呼ばわりされてしまう部下役を演じます。

2人ともぱるるの部下役で出演されるのですね。

「演技巧者たちが集結し、まるで舞台のように濃密で笑える刑事ドラマをお届けしていきます。」

もしかしたら、この3人だけで部屋の1室で会話のやり取りを行うということでしょうか。

それだとまさに舞台ですね。なんだか楽しみです!

 

おわりに

2017年1月に卒業が決まったぱるるですが、その前にこのドラマでの活躍を期待しています!

しかも、企画・原作は師匠の秋元康さん。

月曜日の深夜枠の放送ということで、午後8時、9時のゴールデンタイムほどの視聴率は厳しいでしょうけど、卒業後に進む女優業のステップとして、是非ともこの卒業前のドラマで頑張り、話題になってほしいです。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


error: Content is protected !!