酒井法子の元夫がまた危険ドラッグで逮捕。再犯の理由を考察した。

タレントの酒井法子さんの元夫の高相祐一(たかそうゆういち)が、危険ドラッグ所持の疑いで逮捕されました。これで2009年、2012年に続き3度目の逮捕になります。家族からも見放され、自分自身も薬物依存症更生施設などに自ら入院して、厚生を誓っていた高相祐一容疑者が何故再犯を犯してしまったか考えてみました。

 

スポンサーリンク

 

 

高相祐一(たかそうゆういち)容疑者について

 

 

 

 

1968年生まれの48才。プロサーファーだった当時、テレビ番組でサーフィンを教えたことがきっかけで、歌手の酒井法子さんと1998年に結婚し一男を設けます。

その後、2009年に当時妻だった酒井法子さんと覚醒剤、2012年に危険ドラッグの絡みで再度逮捕されています。

2009年の逮捕後、酒井法子さんと離婚されていますが、老舗スポーツ店を営む親にも見放され、仕事に就けず家も借りれませんでしたが、知人や薬物からの社会復帰支援団体から些少の金銭や部屋を援助してもらっていたようです。

高相容疑者は以前に雑誌のインタビューでこう語っています。

「自分が“のりピー”の元夫だとわかると、みんな雇いたがらない。正直なかなか仕事探しに苦労してます。仕方がなく脱法ドラッグ店で働いたことも。」

これが全てだったのではないでしょうか。

そして今回の逮捕劇。

現実の社会はなかなか、、厳しかったようです。

 

おわりに

現在は実家で暮らしていると思われた高相容疑者でありましたが、実際はどうだったのでしょうか?

息子さんとは連絡を取り合っていたようで、心の支えがあったはずなのに今回の騒動は残念な結果になってしまいましたね。

“パパは薬で失敗したけれど、サーフィンをしているときはカッコいい”と言ってくれるそうで、そんなかわいい息子さんの為にも再生を果たしてもらいたいです。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


error: Content is protected !!