2019年からの新元号(新年号)は何になるのか予想してみた。

日本政府は2019年1月1日に現在の皇太子、浩宮(ひろのみや)がさまが新天皇に即位及び同時に元号も現在の「平成」から新たな元号にする検討に入ったようです。ではその新元号は何になるのか?近年の元号などを踏まえて色々な角度から考察してみました。

 

スポンサーリンク

 

 

 

平成にかわる次の元号(年号)名は?

以前、昭和から平成にかわりましたが、その時の候補が「平成(へいせい)」、「修文(しゅうぶん)」、「正化(せいか)」という候補に絞られていたとのことです。

政府は昭和天皇崩御を受け、その当日(1989年(昭和64年)1月7日)の午後、「元号に関する懇談会」(8人の有識者で構成)と衆参両院正副議長に「平成」「修文」「正化」3つの候補を示し、意見を求めた。

委員の間から「修文(しゅうぶん)」「正化(せいか)」の2候補はローマ字表記の頭文字が「昭和」と同じ「S」になるので不都合ではないかという意見が出て全員一致で「平成」に決まったと伝えられる。

そして、年号の決め方として「平成」の元号を決めた有識者のひとりで、当時の内閣官房副長官の石原信雄氏は元号の要件は漢字二文字で、読みやすいものが相応しいと語っています。

また、「昭和」や「平成」は中国の古典からもヒントにしているようで、ある評論家が新元号に関しては是非、日本の古典から名付けてほしいと述べました。
 
また新元号がスタートする6か月前には国民の混乱が起こらないように決定させるという前倒しで元号を決めるという案もあるようです。
 
 

以上このことから現在の平成(へいせい)のローマ字表記「H」のハ行、昭和の「S」のサ行、大正の「T」のタ行、明治の「M」マ行は避けると思われます。そうしますと残る行は、ア、カ、ナ、ヤ、ラ、ワ行になりますね。

 

また、近年の元号(年号)には・・・

  • 明治
  • 大正
  • 昭和
  • 平成

上記で分かるように、

  1. 「明治」と「昭和」には「日」や「口」という部首の口へん(くちへん)や日へん(ひへん)などが入っています。
  2. ちなみに他の元号は「大正」の「大」、平成の「平」に関しては左右均等(シンメトリーsymmetry)の漢字を使っています。

というように最近の4元号について、1年おきにこのパターンになっています。

よって、ここから推測すると新しい年号の候補としては、「明治」、「昭和」のように「日」や「口」が入るのではないかと推察します。

では早速「日」や「口」が入る漢字を調べてみました。

 

主な「日」のつく漢字

 

 

主な「口」の付く漢字

 

両漢字とも他にもたくさんありましたが、普段あまり使わなかったり、読み方がぱっとみて万人が分からない漢字は割愛しました。

 

では具体的どの字が使われるか考察していきましょう。

先に述べた明治(M)・大正(T)・昭和(S)・平成(H)のマ・タ・サ・ハ行の音読みが付く漢字は外していきます。

そして、昭・和・明・治の漢字も外すと、

「日」の付く漢字では

 

というように、上記の漢字が残りました。

また同様に「口」の付く漢字は

 

だいぶ絞られてきましたね。

 

スポンサーリンク

 

 

更にこの残った漢字の中で「ちょっと使えないかなぁ~」と独断で消去していくと・・・

「日」からは・・・暦(れき)」・「暁(ぎょう)」・「日(にち、じつ)」・「旺(おう)」あたりかなと考えました。

そして「口」からは・・・「吉(きち)」・「可(か)」・「啓(けい)」・「善(ぜん)」・「喜(き)」・「嘉(か)」が残りました!

 

そして組合わせを考えると、元号は「吉日(きちじつ)」、「善日(ぜんにち)」、「旺喜(おうき)」、「嘉旺(かおう)」などになりました。(あくまで個人的な勝手な想像です。)

吉日元年、吉日1年とか何か縁起が良さそうな感じがしませんか?

ちょっと言いにくい気もしますが・・・

今までの歴代の元号には「・ょう」とか「・う」などの読みの入る場合が多いようですので、響きのある呼びやすいことも必須かもしれません。

そうなると「暁」の付く言葉もありえるかもしれません。

 

こんな感じで考えましたが、音読みではありませんが自分の脳裏にある一つの年号が浮かんできました。

その年号とは・・・・

 

「朝日(あさひ)」です。(「旭」という漢字がありますが一文字なのでこちらは無しとします。)

 

音読みではありませんが、以前の元号と違って充分なじみのある言葉なので、平成から違和感なく新しい元号時代にスムースに移行できるような気がします。

また、「朝日」とは元号が平成になる前の昭和時代、次の元号は「朝日」ではないかと噂になっていたと記憶しています。

それを見越して「朝日〇〇」などの名称をつける動きが企業や施設など各方面にあったようです。

もしかすると今度こそは「朝日!」と思われた方もいらっしゃるかもしれません。

 

昭和生まれの男性の名前に「浩」が付く名前が多いのは、昭和に生まれた皇太子の浩宮さまにあやかって、その一字の「浩」を付けたからだと言われています。

また現在の元号の「平成」についても人名や各方面での使用が多く見られます。

それぐらい元号は影響力が強いのです。

 

おわりに

 

日本では西暦645年に元号「大化」から始まって現在247番目の元号となる「平成」。

248番目となる元号は何になるのか、そしてその元号の時代に入り、東京オリンピックが開催され、もしかしたら大阪万博も開催されるかもしれません。

そんな新しい日本の象徴される名前の元号が付くかもしれませんね。

何になるか非常に楽しみです!

 

スポンサーリンク

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


error: Content is protected !!