宮根誠司アナがプロレスデビューで長与千種との勝負の詳細や結果は?

宮根誠司アナ(54)が7月23日にワールド女子プロレス・ディアナ(女子プロレスラー井上京子代表)「CRYSIS興業」に出場しプロレスデビューしました。最終的に長与千種選手のサソリ固めにやられギブアップしましたが、善戦した模様です。54才でプロレス初デビューの宮根さんですがどんな試合運びだったのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

宮根誠司プロレスデビュー戦内容

(出典:http://www-diana.com)

7月23日(日)東京・品川プリンスホテル クラブeX  13:00~

  • 30分一本勝負
  • ジャガー横田・宮根 誠司・TARU組 VS 長与 千種・越中 詩郎・AKIRA組の6人タッグ戦30分一本勝負。
  • メインイベントとして出場。(526人 満員とのこと)

526人という満員の観客を集めかなり注目されたんですね!

 

宮根さんのファンの方が入場シーンをインスタグラムでアップされていました。

 

鈴木美穂さん(@mihottie)がシェアした投稿

 

この画像を見ると宮根さんはかなり気合が入っていますね!

スーツ姿ににネクタイをしてトップロープを飛び越えて入場

とツイートされています。

試合展開も19分弱で勝負がつきましたが、名前をコールされると来ていたネクタイやスーツを脱ぎ捨てやる気満々モードに入りました。

宮根コールが鳴り響きトップロープ上からボーディープレスを炸裂させたりと会場の観客を喜ばせたようです。

しかしながらプロではないので、長与千種選手のバックドロップ、パイルドライバーをもろに受けてしまったようで・・・

最後は長与選手の得意技?のサソリ固めに悶絶しながら痛みに堪えたものの、力尽きギブアップした模様です。

追記:ギブアップシーン?がディアナからツイートされています。

 

 

おわりに

54才にしてプロレスデビューした宮根誠司さん、今回タッグを組んだTARU選手と親交がありそこからの縁でのようです。

54才とは思えない筋肉をしていますし、何度か筋トレをしている場面をテレビで見たことがありました。

今晩のご自身の情報番組『Mr.サンデー』でもとりあげるのでしょうか?

ギブアップシーンも見てみたいので注目ですね。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


error: Content is protected !!