草なぎ剛(草彅剛)SMAP解散後初ドラマ「嘘の戦争」あらすじ

年末で解散が決定しているSMAPのメンバー草なぎ剛(草彅剛)さん(42)が解散後の2017年1月より火曜日、ゴールデンタイムの時間帯の午後9時よりフジテレビ系列で連続ドラマ「嘘の戦争」に主演されることになりました。このドラマのあらすじやSMAP解散後、初となる主演ドラマに対する草なぎ剛さんの意気込みを紹介します。

 

スポンサーリンク

 

連続ドラマ「嘘の戦争」概要及びあらすじ

概要

今回のドラマ「嘘の戦争」(共演者:大島優子、大杉漣ほか)は2015年に放送された、エリート証券マンだった主人公(草彅剛)。

サラ金業者から父の借金の肩代わりをさせられて全てを失うが、ある男との出会いにより自分も貸金業を立ち上げ、どん底から這い上がって自分を苦しめた人物を復讐していくというストーリーの前作「銭の戦争」と同じ脚本家、監督が手掛ける復讐シリーズ第2弾となります。

 

あらすじ

草彅剛さん演じる主人公の一ノ瀬浩一(旧姓千葉浩一)は幼少期に一家心中を装った殺人事件で両親、弟という最愛の家族を亡くしてしまいます。

父が無理心中を図り、家族を道連れにしたと警察に判断されたが、浩一は他の人物が、両親や弟を殺めた犯人を見ていました。そのことを警察に「父は犯人ではない!」と力説するが、全く信じてもらえず、親戚などからも「嘘つき」呼ばわりされ、変人扱いされてしまいます。

そんな葛藤を抱きながら成長した浩一は苗字や経歴を変えて本物の詐欺師へと変貌し成長していきます。事件から30年後、海外で日本人を狙った詐欺行為で稼いだ浩一はある日、1人の男に出会います。

その男は浩一の記憶に残っていた両親や弟を殺めた真犯人だと確信します。その真犯人を追って帰国し30年の時を経て、事件の真実を知り、自身の詐欺師ならではの方法で真犯人に復讐を始めていくという内容です。

(共演者は現時点では発表されていないようです。)

 

まとめ

このドラマに対して草彅剛さんは、「復讐劇でスカッとしたりする部分や、火花を散らして戦っているエネルギーを感じ取って、見ている方にもストレス発散になり、エネルギーが湧いてくるようなドラマにしたい。」とコメントされています。

また、このドラマのプロデュサーも「ウソがたくさんちりばめられたドラマなので、視聴者の皆さんが本当の真実を見つけてほしい」コメントされており、奇想天外、予想不能なドラマなんだなと今から楽しみです。

SMAP解散後の正式にピンになる草彅剛さんを来年早々にテレビで見れるのが今から楽しみです!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


error: Content is protected !!