高2で小説すばる新人賞!糟谷悠さんはどこの高校?顔や作品が気になる。

第29回小説すばる新人賞に「星に願いを、そして手を。」を書いた、愛知県岩倉市在住の高校2年生、糟谷悠(かすや ゆう)さん(*小説では「青羽悠あおばゆう」)男性が受賞しました。これまでの朝井リョウさんを抜く16才での最年少受賞者となりました。また、初投稿で初受賞ということで驚きです。しかし、それもそのはず、糟谷悠さんの通う高校も凄いんです。

 

スポンサーリンク

 

糟谷悠(青羽悠)さんのプロフィール

  • 糟谷悠(かすや ゆう)、小説時は青羽悠(あおば ゆう)
  • 小説すばる新人賞最年少受賞者、16才
  • 愛知県岩倉市在住
  • 私立東海高校2年生
  • 特技ジャグリング

特技がジャグリングということで、動画でアップされています。

糟谷悠さんの動画はこちらから (*音量注意です)

・・・・・・

一生懸命さが伝わる聡明な顔が印象的です。

ジャグリングも特技ということで確かに上手ですね!

やはりバランス感覚が良いのでしょうね。また、何本ものピンを同時に扱えるということで、脳の発達が優れているのでしょうね。

よって、小説を書く感性も素晴らしいのだと思われます。

また、糟谷悠さんの知人の方がFacebookで紹介されています。

そのフェイスブックはこちら

 

第29回小説すばる新人賞作品名および簡単な概要

作品名:「星に願いを、そして手を。」

概要:中学時代にプラネタリウムを通じて、友情を深めた男女の行く末を描いた長編ということです。

詳しい概要説明が集英社のホームページで発表されています。

そのホームページはこちらからどうぞ。

 

糟谷悠さんが通う東海高校とは

愛知県屈指の進学校で、名古屋市東区にある私立の男子校です(中学校もあります)。

進学先に東大や京大など、多数の政界や経済界、医学会の人物を輩出しています。

この中学、高校に入りたくてもよっぽど頭脳明晰でなければ入れません。

私の知人もこの学校を卒業していますが、幼少より「神童」と呼ばれた人物で彼の父は医者でした。

こちらの学校は、私の知人のような環境の方が多いと認識しています。

 

まとめ

16才の最年少で「すばる新人賞」を受賞した糟谷悠さん。

早くこの作品「星に願いを、そして手を。」を読んでみたいです。

著者名には糟谷悠ではなくて青羽悠さんになっているのですね。

小説家の雰囲気がより表れている気がします。

また、今後期待されるのはやはり、「直木賞」、「芥川賞」でしょうか。

贈賞式が11月18日に東京の帝国ホテルであり、きっとテレビなどマスコミからのインタビューがあると思います。

糟谷さんがどんなことを言われるか楽しみです!

11/19追記:表彰式の模様がツイートされました。

(表彰式の模様はこちらの記事にあります。)

 

最近、14才で最年少プロ将棋棋士になった藤井聡太さんも愛知県出身(瀬戸市)です。

お二人とも、愛知県の尾張地区に属します。

今、三英傑を輩出した、この尾張地区の若者たちが輝いていますね!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


error: Content is protected !!