元サッカーJ2神村奨は過去にシンガポールでプレーも(紹介動画有)

 過去に8人の若い女性(20~30代)に対して暴行をはたらいて罪に問われていたサッカーJリーグの元選手の神村奨(かみむらしょう)被告(27)が懲役30年の重い判決が下りました。

この神村被告が日本のJリーグだけでなく、シンガポールやインドなど海外でもプレーしています。その時のインタビュー動画がありましたのでプロフィールと共に紹介します。

 

スポンサーリンク

 

 

神村奨プロフィール

  • 神村奨(かみむらしょう)
  • 27才
  • 専修大学サッカー部所属
  • 2011年にJ2サッカーチーム「水戸ホーリック」入団も同年退団。
  • 2012年はSリーグ(シンガーポール)の「アルビレックス新潟シンガポール」入団
  • 2013年はインドのシロン・ラジョンFCでプレー。
  • 同年年8月、JFLのFC町田ゼルビア移籍同年で現役引退。

ということで、期待はされていましたがあまり良い成績は残せなかったようです。

 

ここに2012年に「アルビレックス新潟シンガポール」の神村被告が自己紹介をしている紹介動画がありました。

・・・普通の明るい好青年にみえますね。

この方の素振りからはとても犯罪をされるようには感じませんでした。

 

おわりに

 

もうこの暴行事件は神村奨さんが大学在籍中から行っていた模様です。

この事件での懲役30年は一番長い期間なんだそうです。

あまり知られた選手ではありませんが、年齢が20代後半ということで、この先30年間人生の楽しい時を拘束されてしまうことになってしまいました。

しっかり罪を償われることを願っています。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


error: Content is protected !!