世界初!スマホアプリで乗るタクシーは自動運転無人カー(完全自動運転車)!?

シンガーポールのデベロッパーカンパニー(アメリカのソフトウェア製品開発会社)の、nuTONOMY(ヌートノミ―)が、スマホの専用アプリを使って無人タクシーを呼ぶことのできる無人電気自動運転タクシー(完全自動運転車)の公開走行が開始されました。

このスマホのアプリを使って無人電気自動運転タクシーを呼び、目的地まで走行する試みは世界初となりますが本当に可能なのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

無人自動運転タクシーを導入のいきさつ

nuTONOMY(ヌートノミ―)社は2018年から本格的にシンガーポールで、この無人自動運転タクシーを導入することを決めており、それに先立ちシンガーポール政府とタイアップしてモニターを集めて情報分析をすることを決めました。

そのテストをどうやって行うかというと、モニターがアプリをスマホにダウンロードして、それから無人自動運転タクシーに試乗するというものです。

テスト走行する場所は西ンシンガポール区域のハイテックビジネスエリアで行われます。

nuTONOMY社のCEOである、ダッグ・パーカー(Doug Parker)氏は「This is realy a moment in history.That’s going to change how cities sre built,how we realy look at our surroundings.」 (今から、歴史がガラッと変わる、もし無人自動運転カーだけになったら、道や周りの建造物、人の考えも。)と熱く語っています。

このテストカーには三菱自動車の電気自動車、「i-MiEv」 とレノー社の「zoe」が3台ずつの計6台使用されます。

自動かー

(出典:TECHINAJIA

モニターがこの無人タクシーに乗車時は非常事態に備えてエンジニアが運転席に座り、システムをモニタリングするだけで、運転は当然行いません。

このモニターテストは継続的に続けていく模様です。

同社は2018年までにこの無人自動運転タクシーを100台導入したいと考えているようです。

 

実際にモニターとなった方の動画があります。

 

 

モニターたちは最初は「大丈夫かな?」って怖かったけど、いざ乗車してみるとカーブや危険物などは自動センサーが働きちゃんと作動してくれるので、最後は楽しかった!」という感想を全員言いました。

いいですね!もし車を自分で運転しなくてもよくなったら、その時間の行動範囲も広がりますね!寝ててもいいし・・・

 

おわりに

現在において、多くの企業が無人自動運転カーの開発に取り組もうとしています。

競争は激化していて、スェーデンの自動車会社ボルボは、300億ドルを投入し、Ubar社と連携して無人自動運転カーの開発に取り組んだり(アメリカのピッツバーグシティーの8月末からドライバーレス車をスタートします)、他にもイスラエルのドライビングアシスタントソフトウェア―メーカーcalled Mobileye社、フォード社も追随しています。

やはり、一番の焦点は安全性だと思います。でも、多数の企業が競りあっていいものができることでしょう。

近い将来、実現されるといいですね!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 

 

 。

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


error: Content is protected !!