実写のような3DCG美少女「Saya」と歌手の「Salyu」が似ている気がする

昨年、Twitter上でCGアーティストが3DCG美少女「Saya」が公開して、実写に近い、リアルすぎると話題になりました。また、今年の秋の展示会の発表に先立ち、2016年版の「Saya」が公開され、さらに本物の人間に近い状態になっていて、もう不気味の谷を完全に打ち破っていると話題になっています。また、このSayaの画像を見ていると、ある歌手の顔を連想させてくれました。実際に比較してみます。

 

スポンサーリンク

 

今話題になっている3DCG美少女Saya(2016年版)の画像

 

確かに本物の人間と変りませんね。普通にこんな女の子はいる気がします。

どこか出会っていても不思議ではないですよね。

もう不気味の谷を完全に打ち破っていますね!

不気味の谷とは

CGのアニメで可愛らしく描かれたキャラクターを見たときは「可愛い」と感じますが、リアルすぎるCGや精巧なアンドロイドを見た時は「すごい」という驚きと同時に「なんか気持ち悪い」「ちょっと不気味」と感じることが多々あります。この違和感を覚えることが「“不気味の谷”に落ちた」状態です。

例えば、タレントのマツコ・デラックスさんを忠実に再現して話題になったアンドロイド「マツコロイド」は、テレビに登場してその精巧さに驚いた半面、「なんか不気味だ」う心理が“不気味の谷”に落ちた状態なのです。出典:BLOGOS

では、似ていると個人的に感じるこの方の画像と比較してみます。

歌手Salyuさんの画像

salyu123

出典:last.fm

 

こちらの画像は、ミスチルなどと関係の深い、音楽プロデューサー小林武史ファミリーの一人、歌手Salyu(サリュー)さん(35)の現在よりもう少しお若い時の画像です。

また、昨年にTwitterで発表された2015年版の3DCG美少女「Saya」の画像は

 

うーん、やはり似ている気が個人的にはしますね。

この3DCGを制作された方は別にSalyuのことを意識していないと思いますが・・・

また、すごいのは3枚の画像とも自然な流れで、違和感なく見れてしまいます。

何も知らなかったら、ただ単に人間の写真が並んでいるとぐらいしか思えないので、驚きですね!

 

おわりに

今回、3DCGのコンピューター処理された画像と、似ている本物の人間との比較をしたわけなのですが、もうほとんど違和感がなくなっています。

今後に於いて、もっともっと違和感がなくなり、アンドロイドロボットも外見は全く人間と同じで、中身はロボットというような見分けがつかない時代がもうすぐやってくるのだと確信しました。

私たちの生活の中で現在、パソコンやスマホなどを手に触れない日は皆無に近いです。

刻一刻と脳からロボット化してきてる気がします。

だから3DCGをみても違和感がないかもしれませんね。今後、人間の身体もどうなっていくのでしょうかね?

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


error: Content is protected !!